軽い組手してて

思うこと。

 

慣れない人の相手ほど何やってくるか判らん所があるので、意外と合わせにくいというか。

 

カウンター合わせれば良いのだけれど、防御も定まらん相手にやっても意味無いやな。

 

ある程度は防御捨てて攻める側に回って、隙をつけるようにすると…なんとなく形になる。

 

こういうので力いっぱいやるのが居るけど、意味無いで?

そういうのはまた別の稽古で、今やってるのは目慣らし…動きに慣れてもらうためのものよ。

 

ここで動けんのにガチで殴り合っても、技は磨けんよ…出ないんだもの、その時に。

 

 

とはいえ一発当たると、

♪やったなあ?と…スイッチが入るのは、皆変わらん(笑)

私も大センセによくやられた、というかむっちゃこわいし。

 

私の場合はベタ足から、居着かぬように細かく動き始めて…Iさんはジャブも当たらなくなる。

 

真正面に居なくなるので当たらんし、攻撃も見えんとこから打たれて対処できず…となっていく。

 

ホントは動かん状況から捌くと同時に攻撃したりしたいのだけれど…

手数に押されるとつい反応に釣られてしまう。

 

私のお題は、どっしり構えて捌くのをやってみるかなー。

自分が滑り込むのでなくて、相手を動かしていくやり方を試してみないと覚えんよね。

 

夫婦手と、廻し受けか…意外とあるけど、案外忘れて叩き合いに付き合っちゃう。

やはり試すか。

 

…Iさんの稽古にならんから、程々に

(;´∀`)