ちょっとしたコツその2

f:id:okogesan0812:20201025144336j:plain

まだ新人のKZの動きで特筆すべきは、後ろ足の残らない事。

移動しても歩幅が一定に保たれ、行動に支障が無い状態…理想的な移動だね。


これに攻撃を組み合わせるには、それなりのやり方となる。
腰のキレを使うボクシングのような突きか、
移動により体重乗せた重い一撃…連打は難しいので、細かい短打と組み合わせたりする。

大きく踏み込む突きは使えんのかというと、そうでもなくて。
ボクシングでも踏み込んでボディブローなどしてくるし、届く間合いから打つなら威力ある方が良いからこの突きも使う。
単なる使いどころでしかない。

それよりは、この子は腕を伸ばして打てないので…ひとつひとつ丁寧に打たせる稽古が必要やね。


他の子らに聞いても、今ひとつ理解してなさそうなので、試してもらうと…
少し間合いが外れると、すぐに歩幅が乱れて体勢が崩れてしまう。

前屈立ちでの追い突きをしっかりやってれば、姿勢は崩れんのだけどねえ…ま、しゃあない。

次善の策として、足元を強く踏み込んで、その反発を活かして突きを打つのをやってもらう。
これなら簡単に歩幅も戻るし、短打でも威力を増やせる。
伸張反射というものを使うようだね。

目くらましの神秘用語(笑)でいう所の、震脚、やね。

飛び込むのに使うとか、威力を増すとか言ってとんでもない技術みたいに言われてるけど…
私が知ってるのは触ってからの打撃など、隠れた使い方かな。
そんなどっすんばったんやるものでもないよ?


あー、ききながしとったわー♪とやってるMははたいておいて。
結局私は隠し事はしていない…最初っから全部並べてるんだよ、と。
納得してもらえたみたいで何よりw

説明はしてもやり方教えん事もあるけどね…きちんとした、人の壊し方とか。
こんなのは知らんで良い事なので、ある事だけは言うけどやらんでもいい。
とりあえず身を守るのには必要無いからねー。


あるいは、日本拳法みたいに後ろ足の踵を浮かせるとか。
体当たりみたいになるから、またこれも少し体の使い方が違う。

何が良い悪いでなくて、やりやすいものを選んで使えるようにすればいいだけの話よね。