お月見

f:id:okogesan0812:20201031223142j:plain

10/31満月

自分の稽古してたら、いきなり現れた満月。

なかなかな存在感だったので、娘に写してもらった…見た通りの姿ではないのだけどね。

しばらく、お月様に型を奉納という感じで。

 

 

f:id:okogesan0812:20201031223225j:plain

10/31満月2

ブルームーン、一番小さな月だというけど…すごい存在感だったね。

サイと棍、那覇手までは通して稽古やれた。

 

 

さて、今回のお稽古は…審査前、という事であやしい子らの動きのチェックのはずなんだけど。

 

年少組はHが相変わらずふざけてる。

それ以外が妙に気合入れて頑張ってるなぁ?おかげで一人浮いてるんだけど、気づいてないなアレ。

 

まぁ、やる気無いならどうでもいいか。

Yちゃんもいきなりぐずりだしてしゃがみこんでるし…この子は気分の斑があって自分でも持て余してるみたいだね。

やりたくないのにやる事無いから、大丈夫よ?怒りゃせん。

 

Moちゃんも大きな音が怖い、と言って集中できないみたいだけど…それぞれ事情や状況は違うので、そんなの無理は言わないよ。

できる事をできるだけやってればいいのよ?

 

ま、狭い部屋でやってるというのもあるわな。

 

 

Hは組手だけは全力で叩くので、ちと注意して見てる。

情け容赦無く叩くけど、自分は少しでも痛いとぎゃあぎゃあ喚く。

他人を蹴るのは楽しげに蹴ってるくせに、蹴りの防御に回ると足が痛い!とすぐ座り込む。

あんたより軽く蹴ってんやん相手…

 

少し相方の蹴りを受けてあげて、Hには蹴りのカットを教える。

ガチガチと受け止めりゃ、そら慣れなきゃ痛いわな?

すねでも丈夫な面で受けないとケガするので、その方向や角度を教えるのだけど…相方のMは聞いてるが、Hは聞いてすらいない。

自己中心的、で済む話なのかね?

ま、説明はしたからそれ以上は私の知ったこっちゃない。

親御さんは歯がゆいようだけどね。

 

TちゃんとSちゃんは、上手く自分らのコンビネーションを作れてるようで、それなりに繋げてる。

無理に左右で攻撃するよりも安定する、片手で細かく繋ぐ打ち方を見せたら食いついたSちゃん。

姉のTちゃんを犠牲としてw色々試してた…程々になー^^;

 

一般のIさんは、先週の防御を覚えてて腕を攻撃して攻撃を押さえてくる。

悪くないやん♪

受け流して、下段に攻撃を散らし、更に防御を絡めとって崩してから突く…これが今日のお題かな。

上下段への攻撃の振り方をやってみせ、私を実験台に試してもらう。

 

下段を恐るおそる打つので、上手く注意を引けず反撃をされる。

この辺の連携はスピードよりは正確に当てられること…かな。

 

 

ミット打ちはさらりと流したが、それなりに年少の子らが寄ってきた。

思ったより怖くなかった…という感じ?(--;

あたしゃちびには怒らんよ…怒ったところでしゃあないやん?

 

いつも赤い服着てるShも、案外言う事を聞いて稽古してる。

やんちゃ坊だが、それなりに取り組んでるのが分かるので…見かねた事以外は口を出さんようにしてる。

それが分かってるんだろかね。

 

 

さて、居残り組はKとR、Iさん。

娘がIさんとやってる間、私はRとKの審査用の見直しをする。

Kは足刀頑張ったねー、右足はできるようになってる。

左は、足と腰と頭を同軸状に並べる事でできるようになるよー、と教えると大分マシになる。

三点がバラバラなのができない理由なのよね、大体は。

こないだ足刀で蹴られたのがショックだったようで、使えるようになってみせるとのこと。

がんばれー。

 

Rも、細かな調整で済んでる。

ほんとは理屈を教えても良いのだけれど、この子は後藤先生が教えてるから、まぁいいや。

古い基本を使わないからね。

 

逆に、理屈を納得できないと動けないのがIさん。

私らと同じタイプだw

なので、基本の型を最初から理屈を説明して教えていく。

…後藤先生教えてなかったみたいね?あかんやんね。

蹴りはミットでムエタイ式を教えてたけど…私は伝統式を教えてた。

迷わないように、やり方が違うよー、とフォローは入れる。

ま、やりやすい方というか、後藤先生ので覚えた方が無難よ。

 

前蹴りと蹴上げ、三日月蹴りや鍵突き、裏拳や肘打ちについて説明した。

基本で皆つまづく所よね。

やり易いのからとりくみゃ良いんだけどね。

 

まぁせっかくだから、と説明したらとても楽しそう…まあ何よりだね。

特に肘打ちは、実用するにはという事で、当てる部位や当てる角度、無理に振る必要など無い事など…きゃっきゃと喜んで試してた。

まぁ、なかなか教えんよねぇ肘打ちは試合でも縛られてる事多いし。

 

Kは横で盗み聞きしてる…よかよか♪

 

Kも一緒に呼んで、試してもらう。

せっかく聞いてんだ、できるようになってもらおうw

 

体のばねの使い方や、引き手の高さ、裏拳の使い方など…まぁ古いやり方の説明になったけど、できるようになればみんな同じ理屈で動けるから便利よ。

同じ理屈でも、表現というかやり方がいくつかあるので…やり易いのを試して見つけてね。

 

ひとつひとつ、使い方の一例をいくつか見せていくと、さっそく試してた。

熱心ねぇ…だから教えるんだけどね。

 

そんな中で、虚勢…静かに立ってる時の動作について説明したら、やたらと食いついた。

武器の右手を左手で覆う事で、敵意はありませんよー、という意思表示だよーと。

でも、暗器…武器隠し持つのも、これでできるよー、と言ったら笑ってた。

 

まぁそんなものよ、武術の世界なんて。

 

 

で、パーミングを見せたら、手品みたい!と。

流れは同じだと思うよー、あれも^^;

娘が自慢気に見せてた…同じふうに教えたもんだね、私が昔w

 

表の武器は棍やサイなど目立つものが多いけど、トンファーやするちん、手甲なんてどう見ても暗器だもんね。

昔の着物は、袖や帯に隠せたのよね。

 

なんにせよ、楽しんでもらえて良かった。

 

そんなこんなで、今日はさらりと流した稽古だった。