組手といえば…

KとRのがとても良かった。

技の上手さや体力は、後から入ったKが何枚も上手。

でもRには、実際に何度も試合に出て勝ち進んだ場数というものがあって。

それが本当に強みになるというのを見せてもらった。


どんなに鋭い蹴りも、間合いに入らず蹴ってるため当たらない。
それを見越したRは、積極的に距離を潰して自分の攻撃を当てていき、相手の冷静さを奪っていく。

最後は体力切れで圧されたが…見事な組手だった。

Rは発想自体が柔軟で、私が変わった事を見せるとすかさず真似をする。
それだけでなく、組手の中でも積極的に使っていこうと試している。

強くなるはずだわ…

あとはむらっ気が出なければ、もっと伸びるんだけどね(ーー;)


Kには、技も力もお前さんの方が上だけど、場数が足りんのだから…諦めるなよ、と。
意外と年下に負けるのは悔しいみたいやね('・ω・')


でも年は上だけど、空手の年季はRが上だからね…しかたない。

色々な集団の括りがある、と分かると…これからも自由な見方ができると思うよ。


何にせよ、良い組手を見せてもらった♪