下段蹴りの手ほどき

同じく土曜の内容。

下段蹴りで最大の威力を発揮させるには、相手の重心を蹴る足に乗せさせて、動きを止めておくこと。

その上で、関節の曲がらない方向や、筋肉の力が入っていない部分、あるいは筋肉に覆われていない所、足先など打点を鋭くすれば、筋肉そのものも狙っていける。


これを実践しようとすると、奥足…前後に開いた足の後ろ側を蹴る、という形になる。
まあ、足というのは頑丈な部位なので、多少蹴られようと動きが鈍くなるくらい…
でも、きちんと入れると一発で立てなくもなる。

Mが私に軽く蹴られて悶絶してるのも、ピンポイントを当てられてるからよ。
…何度ものたうち回ってるなら、いい加減に防御覚えろよ、とは思うのだが。
そして、有効なのが身をもって理解できてるのだから、真似してみろよ、と。

Mの場合は攻撃の為に前足に体重乗せたタイミングで内股を、蹴り上げる。
腰だけで捻って引っ掛けるように蹴ると、重心崩れて体が泳ぐし、うまくすれば倒れる。


Kに手ほどきしたのは、遠間から飛び込んで奥足を刈る事。

手でのフェイントを兼ねた上体の誘導、斜め前に大きく飛び込む事、そして狭い有効範囲をきちんと蹴り抜ける事…がコツかな。

この蹴り、動き自体はふんわりとしてて速くもない。
理解してないと正面から逸れるからチャンスにすら思うだろうけど…
蹴ってきたら軸足に狙い変えるだけだし、下がれば攻め込むだけ、突いてきても腕を出してるから躱しながら無防備となった状態で蹴れる…
この動き自体が罠と言える。

まあ動きが大きいので、カウンターとれる相手にしてみると隙でしかないのは留意するべきだけど。
奇襲としては上段との二択もできるし、セオリーのひとつよね。


狙う所は、膝を前から…と言いたいけど、反則になるのも多いから、内股や太ももで同じ効果を狙っていく。



今回は技術論になったな…